健康の秘訣は「一無、二少、三多」

「一無、二少、三多」
聞き慣れない言葉ですが、これが日本人の健康を守る秘訣なのだそうです。

一無
禁煙:タバコは吸わない。

二少
少酒:酒は日本酒に換算して一合程度までにしましょう。
少食:糖質、たんぱく質、脂質の3大栄養素にビタミン、ミネラル、食物繊維などを合わせて適切に摂取しましょう。

三多
多動:ウォーキングなどの有酸素運動、筋力トレ、ストレッチなどを組み合わせて、1日1時間は体を動かしましょう。
多休:1日6時間以上の睡眠でストレスの解消と疲労の蓄積を防ぎましょう。      
多接:多くの人・事・物に接し、よい趣味を持ち、常に創造的な生活し、心の健康を保つようにしましょう。

日頃仕事で忙しい御主人方は、定年退職してから新しい趣味を始めたり、地域の活動に参加しようとしても、急にはなかなかうまく行かないのだそうです。

若いころから趣味を持ち、地域とのかかわりも持っておくことが大切なようです。

健康で、良い趣味や人との交わりのあるいきいきとした老後の生活を送るためには、若いころからの努力が必要、ということですね。

2014年1月28日

カテゴリー:健康関係